患者さんの笑顔 それが私たちの喜びです。

患者さんの笑顔 それが私たちの喜びです。
患者さんの笑顔 それが私たちの喜びです。

長崎保険医新聞共済融資制度健康情報伝言板

News & Topics

イベント

1
2
3
4
5
6
7
8
ワインを愉しむ会(パート5) 19:30
ワインを愉しむ会(パート5)
11月 8 @ 19:30 – 21:30
と き 11月8日(金)19:30~21:30 ところ  ワインバー「コルドーネ」(長崎市船大工町3-19) 参加費 5,500円 ※未成年不可 定 員 30名(先着順、1院所6名まで)  ※ すでに定員に達しました。今後の申込はキャンセル待ちとなります。 ※ テーブルの都合上、相席となる場合があります。 前回も大変好評をいただいた、長崎地区の「ワインを愉しむ会」第5弾を開催します。シニアソムリエの資格を持つ店主の濱田さんが丁寧にワインの愉しみ方などをお話いただきます。 当日は新鮮な食材をふんだんに使用した本格的なイタリアンと各種ワインをご堪能いただきながら、ワインに関する質問も自由にしていただけます。 皆さまのご参加をお待ちしております。
9
子宮頸がんワクチンと10万個の子宮 14:00
子宮頸がんワクチンと10万個の子宮
11月 9 @ 14:00 – 16:00
子宮頸がんワクチンと10万個の子宮
市民公開講演会 子宮頸がんワクチンと10万個の子宮 と き 11月9日(土)14:00~16:00 ところ 長崎大学病院1階 第3講義室(長崎市坂本1-7-1) 講 師 村中璃子先生(ジャーナリスト・医師) 対 象 会員・スタッフ・市民 (講師紹介)  北海道大学医学部卒。一橋大学社会学部卒、同大学社会学研究科修士課程終了。世界保健機関西太平洋事務局(WHO/WPRO)の新興・再興感染症チームを経て、現在では医業の傍ら執筆・講演活動を行っている。 HPVワクチン問題をはじめとするワクチンのほか、遺伝子検査、移植、パンデミックと国防、がん治療と代替医療の問題など執筆テーマは多岐にわたる。京都大学医学研究科非常勤講師。2017年、科学誌『ネイチャー』の主催するジョン・マドックス賞を日本人として初めて受賞。 【著書】 『10万個の子宮 あの激しいけいれんは子宮頸がんワクチンの副反応なのか』平凡社、2018年
医院承継・閉院セミナー(島原) 19:30
医院承継・閉院セミナー(島原)
11月 19 @ 19:30 – 21:00
と き 11月19日(火)19:30~21:00 ところ 島原文化会館・小ホールB(島原市城内1丁目1177-2) 対象者 会員、家族、管理者 (講演内容)  1)①医院継承する場合の必要な手続き・方法、留意点、課税問題     ・個人の場合、法人の場合     ・子供の場合、第三者の場合    ②医院閉院の場合の必要な準備と手続き、留意点     ・個人の場合、法人の場合    講 師:嶋 賢治氏 (協会顧問税理士)  2)第三者承継の先輩開業医からの体験談    テーマ:「開業医から廃業医へ」    講 師:塩塚 理人先生(協会副会長)